無農薬のドリップコーヒーはアイス・ホットで楽しめる!ギフトにもおすすめ!ドリップコーヒーの基礎知識

HOMEコラム一覧 > 無農薬のドリップコーヒーはアイス・ホットで楽しめる!ギフトにもおすすめ!ドリップコーヒーの基礎知識

無農薬などのドリップコーヒーに興味があるものの、そもそもドリップコーヒーとは何か気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、ドリップコーヒーの意味やエスプレッソとの違いについてご説明します。コーヒーの知識が深まり、より自分に合うコーヒーを選びやすくなります。

そもそもドリップコーヒーとは?

◇ドリップコーヒーの意味
ドリップコーヒーは直訳すると、「したたる(drip=ドリップ)コーヒー」です。滴り落ちるように抽出することから、ドリップコーヒーと呼ばれています。

◇ドリップコーヒーの特徴と魅力
ドリップコーヒーは、注いだお湯の重みだけでコーヒーの成分を抽出するのが特徴です。ハンドドリップやフィルター式のコーヒーマシン、手軽に本格的なコーヒーが楽しめるインスタントタイプなど、これらすべてをドリップコーヒーと呼びます。

ドリップコーヒーを楽しむ人

また、ドリップコーヒーの最大の魅力は豆の挽き方やお湯の注ぎ方などによって、味や香りが変わるということです。ドリップコーヒーには、道具選びや豆選び、入れ方にこだわり、自分好みの味を追求するという楽しみがあります。

ALLURE-BEANSでは、無農薬のドリップコーヒーを販売しています。暑い夏にはアイスコーヒーで味わうのがおすすめです。また、大切な方に贈るギフトとしても人気があります。ご家庭で無農薬のドリップコーヒーを楽しみたい方は、ぜひALLURE-BEANSの商品をお試しください。

ドリップコーヒーとエスプレッソの違い

ドリップコーヒーとエスプレッソの違いは3つあります。

◇抽出方法の違い
ドリップコーヒーは、コーヒー豆の成分をお湯の重みだけでじっくりと時間をかけて抽出します。それに対してエスプレッソは、専用マシンで高い圧力をかけ、お湯の水蒸気を使って短時間で抽出します。

◇抽出量と濃度の違い
ドリップコーヒーは、コーヒー豆10g程度で約150cc抽出しますが、エスプレッソはコーヒー豆8g程度で約30cc抽出します。同じ種類のコーヒー豆を使った場合、ドリップコーヒーよりもエスプレッソの方が油分などの成分が濃く抽出されます。

コーヒーの入ったマグカップを両手で持つ二人

◇味わいの違い
エスプレッソを飲んだときに「濃くて苦い」と感じるのは濃度が高いからです。豆本来のコクや酸味、甘味、苦味がしっかりと抽出されています。ドリップコーヒーは口当たりがライトで飲みやすいと感じる方が多い傾向にあります。

無農薬のコーヒーをお探しの方は、ALLURE-BEANSのドリップコーヒーをご覧ください。無農薬のドリップコーヒーはしっかりとした旨みがあり、どなたでも飲みやすい爽やかな味わいが特徴です。そのため、ギフトにもおすすめです。アイスやホットでお楽しみください。

ギフトにも無農薬のドリップコーヒーはおすすめ!アイス・ホットで楽しもう!

ALLURE-BEANSでは、ウガンダの豊かな自然で育ったコーヒーをご提供しています。無農薬や自然栽培をコンセプトにしたコーヒーは、ドリップコーヒーをはじめ、豆タイプや粉タイプ、レギュラータイプ、深煎りタイプなどをご用意!アイスコーヒーで楽しみたいなど、お好みに合わせてお選びいただけます。

 

ドリップコーヒー10個入りや20個入りのギフトボックスは、プレゼントやお中元などにおすすめの商品です。ご自宅用やギフト用にドリップコーヒーをお探しなら、お気軽にALLURE-BEANSまでお問い合わせください。

無農薬のドリップコーヒーをギフトに選ぶならALLURE-BEANSへ

会社名
有限会社アイチテクノベンダー

サイト名
ALLURE-BEANS

代表責任者名
加藤 芽依

住所
〒452-0843 愛知県名古屋市西区平中町341

電話番号
080-5110-5888

電話受付時間
9:00~17:00

メールアドレス
allurebeans@gmail.com

ホームページURL
https://www.allure-beans-naturallygrown.com/