カスカラティーを販売中!入れ方・栄養・カフェインの説明も対応!カスカラティーの名称・成分・希少性とは?

HOMEコラム一覧 > カスカラティーを販売中!入れ方・栄養・カフェインの説明も対応!カスカラティーの名称・成分・希少性とは?

カスカラティーをご存知でしょうか。普段楽しんでいるコーヒー豆の果肉部分を原材料にした飲み物で、近年注目を集めています。こちらでは、カスカラティーの名称や成分、希少性について解説します。

カスカラティーの名称と成分・栄養素

◇カスカラティーとは?

一般的に、コーヒーの実の種子を焙煎したものをコーヒーとして楽しみます。しかし、種子以外にも果肉が存在します。その果肉に着目したのがカスカラティーです。コーヒーの木の実であるカスカラを天日乾燥して作ります。ちなみに、コーヒーの実はコーヒーチェリーと呼ばれることから、カスカラティーもカスカラコーヒーチェリーティーという別名があります。

 

◇カスカラティーの成分・栄養素

カスカラティーの代表的な成分となっているのが、ポリフェノールです。ポリフェノールは健康維持に役立つ栄養素の一つです。そのポリフェノールの豊富に含まれていることも、カスカラティーが注目された理由といえます。また、通常のコーヒーやお茶のようにカフェインを有していますが、割合は多くありません。カフェインが少ないこともカスカラティーの特徴です。

コーヒーの木の実であるカスカラ

ALLURE-BEANSでは、カスカラティーやコーヒー豆を販売しています。味や香り、入れ方などで異なるので、普段のコーヒーとはまた違った魅力を楽しめます。

カスカラティーの希少性

まだまだ知名度の低いカスカラティー。なぜ知名度があまり高くないのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。そもそもカスカラをお茶として飲む習慣があるのは、コーヒー豆を生産している国の中でも一部の地域です。

 

それ以外の地域ではカスカラをすべて廃棄するため、手に入りません。この希少性の高さが知名度にも影響していると考えられます。また、農薬を使用した栽培方法の場合、外皮に農薬が付着してカスカラティーの安全性が下がってしまいます。

 

つまり、農薬を使用して栽培されたカスカラは、原材料として用いられないのです。このように条件が厳しいことから、カスカラティーはあまり市場に出回っていません。取扱店も少ないので、興味がある方はまとめて購入しておくことをおすすめします。

テーブルに置かれたマグカップ

ALLURE-BEANSでは、ウガンダで生産されたカスカラティーをご用意しています。入れ方やカフェイン量、栄養面などで気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

カフェインの少ないカスカラティーならALLURE-BEANSへ!入れ方などのご質問もお気軽に!

ポリフェノールが豊富で、コーヒーよりもカフェイン量が少ないカスカラティーは、女性におすすめの飲み物です。カスカラティーを味わうならALLURE-BEANSをご利用ください。ローズヒップのような味で飲みやすいカスカラティーをご提供しています。入れ方などに関するご質問も丁寧にお答えします。

カフェインの少ないカスカラティーを購入するならALLURE-BEANSへ

会社名
有限会社アイチテクノベンダー

サイト名
ALLURE-BEANS

代表責任者名
加藤 芽依

住所
〒452-0843 愛知県名古屋市西区平中町341

電話番号
080-5110-5888

電話受付時間
9:00~17:00

メールアドレス
allurebeans@gmail.com

ホームページURL
https://www.allure-beans-naturallygrown.com/